谷川社会保険労務士・行政書士事務所は人事労務管理を専門とする事務所です。

TEL.092-691-7103

〒813-0025 福岡県福岡市東区青葉6-3-6

ニュース

令和3年版少子化白書、新型コロナの影響を分析

政府の令和3年版少子化社会対策白書によると、令和2年の出生数が84万832人で過去最少を更新、婚姻件数も52万5,490組で戦後最少となることがわかった。白書は、新型コロナが結婚・子育て世代に影響を与えているとし、安心して結婚・出産・子育てができる環境の整備を求めている。

マイナンバーカードの健康保険証登録は、約440万件

厚生労働省の調査によると、マイナンバーカードを健康保険証として利用するための登録状況が440.3万件となり、マイナンバーカード交付件数(4,224万件)の10.4%を占めることがわかった。

第1号介護保険料の月額平均6,000円を超える

厚生労働省の調査によると、令和3年~5年度における65歳以上の第1号介護保険料の全国平均の月額が、6,004円となったことがわかった。前期よりも145円増えた。

健康保険組合の8割が赤字、実質保険料率も10%を超える

健康保険組合連合会の調査によると、健康保険組合の約8割(77.9%)にあたる1,080組合が、令和3年度赤字となる見通しであることがわかった。また、収支均衡に必要な財源を賄う実質保険料率が、前年度比0.35ポイント増の10.06%となる見通しで、初めて10%を超えることがわかった。

標準報酬月額の特例改定を令和3年7月まで延長

厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響による休業で著しく報酬が下がった者に対する健康保険及び厚生年金保険の標準報酬月額の特例改定について、対象期間を令和3年7月まで延長した。

外国人労働者数172万人、ベトナム人が最多に!

厚生労働省の調査によると、令和2年10月現在の外国人労働者数が、前年から6万5,524人増の172万4,328人となり、過去最高を更新したことがわかった。国籍別では、ベトナムが44万3,998人となり、中国(41万9,431人)を抜いて初めて最多となった。

障害者雇用が過去最高を更新、実雇用率は2.15%

厚生労働省の調査によると、令和2年の雇用障害者数が対前年より3.2ポイント増の57万8,292人、実雇用率が対前年より0.04ポイント上昇の2.15%となり、いずれも過去最高を更新したことがわかった。

70歳以上まで働ける制度のある企業3割を超える

厚生労働省の調査によると、70歳以上の人が働ける制度のある企業が、前年から2.6ポイント増の31.5%になることがわかった。集計は、令和2年6月1日時点の従業員数31人以上の企業16万4,151社に対して行われた。